健康診断
自分の身の回りのことを自分でできる時間を延ばすために
歳をとっても「自分の身の回りのことは自分でできる」「自分の足で歩き、トイレに行ける」というのはみんなの願いです。健康な時には「できて当たり前」のことですが、病気になると以前の「当たり前」が簡単には出来なくなることもあります。「できる限り元気で、人生を楽しみたい」、そのためにはどのような行動をとればよいのでしょうか?
腹八分目に食べ、適度な運動をし、ストレスをためないことですが、わかっていてもなかなか難しいですね。自分で行動することが難しい場合もあれば、行動したいけれどできない場合もあります。そこで、病気が進行してしまう前に、できるだけ早く発見できれば、治療も大事に至らないこともあります。皆さんが健康診断をされるのはそのためだと思います。
「健康診断」と「人間ドック」とは何が違うの?
「健康診断」も「人間ドック」も“病気の早期発見”や“健康の維持増進”を目的としているところは共通していますが、健康診断には法的義務があり、人間ドックには法的義務がないという明確な違いもあります。健康診断の中には、企業に勤めている方が受ける「一般健康診断」、また生活習慣病の予防・早期発見を目的に40~74歳の人を対象とした「特定健康診断」などがあります。では「健康診断」と「人間ドック」では、具体的に何が違うでしょうか?
一般的な健康診断は健康状態を大まかにチエックすることが目的ですので、身体計測・血液検査・胸部X線・尿検査などが中心で、費用も無料か低額です。一方、人間ドックでは健康状態を詳しく精密にチエックする専門的な検査であり費用は自己負担ですが、通常の「健康診断」では見つけることができない“病気の早期発見”ができるところが最大のメリットです。
当クリニックでも人間ドッグを始めます
当院には16列マルチスライスCTと1.5テスラの最新のMRI、さらに超音波検査装置、血圧脈波計、重心動揺計、心電図など多くの医療機器を備えています。皆さんの中には、毎年大まかな健康診断はしているけど、「身内にがんや脳卒中が多いから」「友人が急に膵臓がんで亡くなったから」「最近調子がどうも悪いから」、「もう少し詳しく調べてほしい」と希望される方もいらっしゃると思います。がんの中でも、肺癌やすい臓がんなどは自覚症状に乏しく、何らかの症状が出る時にはかなり進行していることがあります。
また、脳・頭部領域においては動脈硬化の状態や認知症リスクを基本的な「一般健康診断」だけで知ることは到底できません。但し、身体に負担の少ないMRIやMRA検査を行うことで動脈硬化の状態や認知症リスクを比較的容易に知ることができますので、症状が出る前に早めに薬物療法や食事療法などを開始することも可能になります。
当院では「もう少し詳しく調べてみたい」という健康への意識の高い方へ、3つの専門ドッグによる検査機会を作らせていただきました。

膵胆ドック

症状の出ない「サイレントキラー」膵臓がん・胆道がんを見逃さないために!!
胃、十二指腸、大腸などの消化器は、一般の人でも気軽に胃カメラや大腸内視鏡検査を受けるようになってきました。そのため胃がんや大腸がんは比較的早期に発見が可能となりました。他方、“膵臓がん”や“胆道がん”については超音波エコーやCT・MRIが標準的な検査になりますが、通常は採血で何らかの異常があった場合の精密検査(二次健診)、あるいは人間ドックでのオプション検査として活用されています。その理由としては、種々の画像検査では追加の費用がかかることや、“膵臓がん”や“胆道がん”は「めったにかかる病気ではない」という認識があるためではないかと思います。
ところが2018年の最新がん統計では、膵臓がんは男女ともに39人に1人は罹患するリスクがあると報告されています。近年では他の部位のがんが比較的早期に発見できるのに対して、“膵臓がん”や“胆道がん”は初期にほとんど症状がないため、発見された際には病状が進行していたり、あるいは複数の臓器に転移している場合もあり、5年生存率もおおよそ10%と低いのが現状です。基本的に“がんや腫瘍”は大きくなれば手術も難しくなりますし、できるだけ病巣が小さなうちに発見し、より早めに適切な治療を始めることで予後を改善させることも知られています。
解剖図

次のような方には膵胆ドックをおすすめします

“膵臓がん”や“胆道がん”は極めて発見しにくいがんですが、他の場所のがんと同様に早期に発見をすることで克服できる可能性がより高くなってきます。もちろん、“膵臓がん”や“胆道がん”にはなりたくないと思っていらっしゃる方はどなたでも専門ドッグを受けていただけますが、以下に該当する方は定期的な膵胆ドックを受けることをおすすめしています。
  • 血縁者に膵臓がんや胆道(胆嚢・胆管)がんになった方がいる方
  • 糖尿病、慢性膵炎、胆石や膵胆管合流異常がある方
  • エコー検査では膵臓や胆嚢が見えずらいと言われている方
  • タバコを吸う方、お酒をたくさん飲む方
  • 体重減少や食欲不振のある方 など

膵胆ドックの流れ

事前に受診予約(申し込み)をする
検査前の諸注意を守っていただく
  • 検査6時間前から食べ物を口にしないでください(絶食)
  • 検査3時間前から飲み物を飲まないでください(絶飲)
検査の準備を整え、検査日に来院する
問診票を記入する
※事前に問診票を下記よりダウンロード&プリントアウトしていただき、来院される前にご自宅でゆっくり記入してからお持ちいただくことも可能です。
造影剤の内服を行い、検査を受ける
結果を聞くために来院

検査項目

MRCP検査(MR胆管膵管撮影)

MRIを用いて胆管と膵管を検査します。“膵臓がん”や“胆道がん”では膵管や胆管になんらかの異常を起こすことが多く、MRCP検査で胆管と膵管を映し出すことで比較的小さな異常も見つけることができ、“膵臓がん”や“胆道がん”の早期発見に結びつくことがあります。また、MRCP検査では膵臓内の嚢胞(水分を多く含む袋状の病変)を見つけだすことにも優れた検査なので、がんになりやすい腫瘍性嚢胞を見つけ出す手助けにもなります。
つまり超音波エコーやCT検査だけでは見つけにくい病変に関しても、MRCPを用いることにより精度の高い膵・胆道系がんのスクリーニング(異常があるかないかを区別すること)に大きく貢献できる検査となります。

腫瘍マーカー

膵臓がんや胆道がんの時に特異的に上昇すると言われているエラスターゼ1、Span-1抗原、CA19-9、リパーゼを検査しますが、MRCPと組み合わせて行うことで“がんの発見率”を高めることができます。

費用

検査項目 料金(税込)
MRCP検査 16,500円
腫瘍マーカー
(エラスターゼ1、Span-1抗原、CA19-9、リパーゼ)
4,400円
一般採血 3,300円

検査時の注意点

検査を受診できない恐れのある人

体内にペースメーカー等の金属が入っている方や、妊娠されている方は検査を受けられません。
閉所恐怖症の方はご相談ください。

肺ドック

肺疾患の早期発見・早期治療があなたの命を守ります!!
2019年のがんデータをみると“肺がん”は2番目に多いがんになりますが、がんで死亡した方の内訳(がん死亡率)では“肺がん”が最も多く、日本では年間に7万人を超える方が肺がんで命を落としていることになります。
肺がんは肺の入口付近に発生する「中心型肺がん」と、肺の奥の方に発生する「末梢型肺がん」があります。喫煙者に多い中心型肺がんは比較的早い時期から咳・痰・血痰などの症状が出やすいのですが、肺がんの7割を占める末梢型肺がんは早期にはほとんど症状がないことが特徴です。ですから自覚症状がない段階で、何らかの画像検査にて異常箇所を早期に見つけ出すことが肺がんの大きなカギとなります。
小さながんや心臓・血管に隠れたがんはレントゲン検査だけでは写らないことも多く、肺がんでは胸部CT検査が有用です。もし症状が出る前にがんを早期に発見でき、適切な治療が実施できた場合には5年生存率が80%以上と高い生存率が得られるようになります。
肺のイラスト

次のような方には肺ドックをおすすめします

以前から“喫煙と肺癌との関係”は指摘されていましたが、最近では非喫煙者のがんが増加しているようです。また、PM2.5などによる大気汚染や環境要因も肺がん発生と関連があるのではないかと言われています。
以下に該当する方は定期的な肺ドックを受けることをおすすめします。
  • 喫煙者、喫煙歴のある方
  • 家族(血縁者)に肺がんになった方がいる
  • 粉塵・アスベストに接触したことがある方
  • 咳や痰が続いている方
  • 血痰がでてことがある方

肺ドックの流れ

事前に受診予約(申し込み)をする
検査日に来院し、検査を受ける
結果を聞くために来院する

検査項目

胸部CT検査

エックス線を出すCT装置による胸部断層撮影のことをいいます。撮影の際には10~15秒ほどの息止めが必要ですが、胸部を輪切りに状に撮影でき肺の中にできた炎症や腫瘤あるいは石灰化など異常影を的確にとらえることができます。
CT検査による肺がん発見率は胸部レントゲン撮影の約8倍、そして2cm未満の早期肺がんの発見率は約5倍という報告もあり極めて有用性の高い検査です。

腫瘍マーカー

肺がんには腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、小細胞がんなど幾つかの種類があります。
そのため肺がんでは幾つかの腫瘍マーカーをスクリーニングとして評価することがありますが、最も有用性が高く望ましい組み合わせはCEA、シフラ、ProGRPの3項目と言われています。

費用

検査項目 料金(税込)
胸部CT 14,300円
腫瘍マーカー
(CEA、シフラ、ProGRP)
4,400円
一般採血 3,300円

脳ドック

動脈硬化の程度や隠れ脳梗塞の有無、認知症のリスクを予測できます!!
脳は私たちの意識や運動機能、神経機能の司令塔です。脳に異常が起こると意識が障害されたり、麻痺が出たり、言葉をうまく話せないなど様々な障害が出て、日常生活に大きな影響を与えることがあります。
最近よく耳にする生活習慣病は脳血管障害につながることがありますが、なかでも高血圧症、糖尿病、肥満、高脂血症は成人期の日本人に多い慢性疾患です。これらの慢性疾患は動脈硬化を進行・助長させ、ある日突発的に脳血管がつまったり、破けたりする脳卒中という怖い病気を引き起こしますことが特徴となります。また、身内に高血圧症、糖尿病、肥満、高脂血症、あるいは脳卒中や心疾患などの治療歴がある方がいる場合には、その体質が似ることもあります。
年に一度は今の身体状況を確認し、病気になる危険性や脳卒中リスクを定期的にcheckしながら、健康寿命を延ばすために軌道修正を考える機会をもちませんか?
脳のイラスト
※なお、日頃から頭痛・めまい・しびれ、あるいは物忘れ等の症状で悩まれている方は、保険診療のルール範囲内での専門的検査(CT・MRI検査)が可能ですので、あえて人間ドッグという枠での“自由診療(実費)”を行う必要はありません。

脳ドックの流れ

事前に受診予約(申し込み)をする
予約日(検査日)に来院
問診票を記入する
後日検査結果を聞く日時を決める
検査結果を聞く〈医師・保健師〉

検査項目・費用

脳ドックは頭部MRI/MRA、頸動脈エコーなどの複数の検査を組み合わせて行うことで、脳の病気や異変、リスク要因を見つけ出すことを目的にした専門ドックです。
発見できる病気としては、脳血管疾患、脳腫瘍、認知症などが挙げられますが、標準的な脳ドックでは脳血管疾患の発見に絞り込んだ検査(頭部MRI/MRAと頸動脈エコー)が行われます。また、より幅広い脳ドックではスタンダードな検査に加えて脳血管疾患のリスク要因となる高血圧や動脈硬化、不整脈などを調べたり、認知症リスクや認知症の徴候が出ていないかなどを調べたりすることも行っています。なお、検査にかかる時間は、着替えや検査後の結果説明の時間を含めると、1時間半~2時間ほどかかります
※日頃から頭痛・めまい・しびれ、あるいは物忘れ等の症状で悩まれている方は、保険診療のルール範囲内での専門的検査(CT・MRI検査)が可能ですので、あえて人間ドッグという枠での“自由診療(実費)”を行う必要はありません。
検査項目 所要時間 料金(税込)
基本検査
(身長、体重、血圧、脈拍)
19,800円
頭部MRI検査 約30~40分
頭部MRA検査

オプション

検査項目 所要時間 料金(税込)
頸動脈エコー検査 約20分 3,300円
心電図 約5分 1,430円
ABI(血圧脈波)検査 約5分 1,650円
血液検査 約5分 3,300円
VSRAD(認知症) 1,100円
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)  

検査時の注意点

  • MRIは磁器を用いる検査装置のため、金属を含む装飾品などは外しておく
  • メイクをしたままの検査、コンタクトレンズの装着
  • 義歯や入れ歯の使用

検査を受診できない恐れのある人

  • 妊娠中、妊娠の可能性がある人
  • ペースメーカーを使用している人
  • 過去に脳動脈瘤のクリップ手術を受けたことがある人
  • 手術などで金属が体内にあると言われている人
  • 刺青(タトゥー)をしている人
  • 閉所恐怖症の人